何年ぶり?「ふくふく」のとんかつ

親子ほど年の離れたH嬢と孫のHくんのママとは、誕生日が366日違い。
なので本当の親子ほどは歳は離れておりません。
親子ほどとは誇張でした(笑)
厚木で3つの任務をこなし、向かった先は小林亭。
到着したお昼12時には、既に駐車場は満杯。
てか、1台ははみ出てるし!
なので小林亭前から「撤収」となりました。
が~
H嬢は、昨日から「とんかつ」モードだろうな~と思っていたガン爺さんは、そんなことも有ろうかと次善の策を用意しておいたのでありました。
年の功であります。
向かった先は、帰還先の事務所に程近い「ふくふく」さん。
問題は、気まぐれな店主様がお店を開けているか?
はたまたご飯が炊けているかどうか?
とりあえずネットでは営業中となっておりましたが、それって設定された営業時間を表示してるだけでは?
と疑いつつ、且つ次次善の策も検討しながら、親子ほどは年の離れていない同僚と目的地に向かいました。
暫く走り、目的地周辺。
「ふくふく」の店の前には幟出てました!
が、油断はできません。
本当に開店しているかは、店に入って見なければ分かりません。
まして、ご飯の有無は店主様に注文を通してみないと分からない?
そんな訳ないか(笑)
とんかつ定食登場!
20220414_125550.jpg
小鉢4つ付き。
自分でプレートにお料理を載せてるガン爺さんに、店主様曰く「小鉢は要らなきゃ置いといて」
「居るし!」と応えます。
小鉢は、角煮、里芋と人参の煮物、漬物、挽肉のカバオ風そぼろ。
20220414_125556.jpg
「とんかつ」のお肉は店主様のご主人、息子が育てた「やまゆりポーク」なのであります。
お肉が旨い!
ご飯も自家生産のお米。
そして、二人とも、小鉢も何もかも完食!
「よく食べました」と店主様に誉めていただき「夕食はたべられないかな?」と話ながら、再び帰還の途についたのであります。

2017年2月25日のブログ
https://kawabenoiruka.seesaa.net/article/201702article_6.html
このブログから、各々の記事にあるリンクをたどると「ぶくぶく」の歴史が分かる!
自分のブログながら素晴らしい!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック